dzqZZcEWoY_i_6b1364892433_1364893953.jpg

★ライティング力に磨きをかける!
「ブログ添削講座」★

⇒オンライン&マンツーマンで学べます♪

無料メルマガ「書いて稼ぐWebライティング」
読者募集中♪

⇒ご登録はこちらから♪

2017.01.16

「印象に残る文章」を書く2つのテクニック。「数字」と「アルファベット」を味方につけよう♪


ラジオCMが好きです。テレビCMは音楽や映像のインパクト、言葉の響きの面白さを重視して作られるケースが多いですが、ラジオCMはストーリー展開やメッセージ性で聴く者を引きつける意図が感じられ、「言葉」が重視されているように感じるからです。


普段より少し長めのドライブとなった昨日も、興味を引かれるラジオCMを耳にしました。内容は、上司が部下に教える「印象に残る話術のテクニック」。


これ、文章にも使えます!ということで、シェアしますね。
続きを読む

2017.01.13

「本当にやりたい仕事」をできていないと感じる40代以上の人が多いという事実!


成人の日に見ていたお昼のワイドショー「バイキング」で興味深いアンケート結果を発表していました。日経電子版がインターネットアンケートを行った結果だそうです。


お題は「40歳以上の人が振り返って、20歳の自分に言っておきたいこと」


中年以降の人が若者にアドバイスしたいこと…と言い換えてもいいかもしれません。もし、あなたが40代以上に該当するなら、ちょっと考えてみてくださいね。


上位3位のうち2つは、「さもありなん」な回答でしたが、1つは「それだよ!」と声を大にして言いたいことでした。


その結果とは?
続きを読む

2017.01.08

ブログ更新が途中で止まっても諦めない!再び浮上するための鍵はある


年明け連日更新したからなのか、年末年始を超えて世の中が動き出したからなのか、アクセスの反応が良いです。(連休に入り、少し落ち着きましたが)


メルマガも配信し、年末年始にも配布した無料レポートのダウンロードを促したら、数十名単位でダウンロードされました。


また、1年前に書いた「ある記事」が急激にアクセスを伸ばしているという現象も。


そんなこんなな「読者の反応」を見ながら、気づいた「ブログ運営に大切なこと」を3つほど書いておきます。



続きを読む

2017.01.05

酉年にちなんだ「鳥の目」のご挨拶が話題に。指導者、リーダー、文章を書く人に共通する大事な視点の持ち方がここに!


多くの人が仕事始めとなった4日。政界の面々も、お仕事始めの挨拶を各所でなされた様子。


その中で、安倍晋三首相、小池百合子都知事、小泉進次郎議員という注目のお三方が、奇しくも酉年にちなんだ同じ「ある言葉」を用いていたことが朝のワイドショーで話題になっていました。


その言葉とは何か?続きを読む

2017.01.04

ブロガー必見!「花森安治の実用文十訓」に詰まった、多くの読者に支持される人気記事を書くコツ


今日からお仕事始めという方も多いと思いますが、私は「ブログ始め」とします(#^.^#)
 
昨年10月〜12月は更新頻度が低かったのですが、今年は月10本前後を目標に、役立つ情報を発信していきたいと考えいますので、どうぞブログを訪問してチェックしてみて下さいね。


で、今年初めにお伝えしたいのは、これ。


Twitterで流れてきていた「花森安治の実用文十訓」。ブログ記事を書くのにも役に立つ項目が網羅されているので、ぜひ紙に書いて見えるところに貼っておくのがオススメです。
.


続きを読む

2016.12.29

未経験からのwebライターデビュー。実績とスキルを積み上げるための仕事探し・仕事の選び方とは?


「実績がなくともライターとしての経験を積めるようなメディアを探しています。ご存知のメディアやおすすめのプラットフォームがありましたら教えてください」


という質問をいただきました。


このブログを立ち上げた初期にいくつか「ライター募集サイト・掲示板」をご紹介したこともあるのですが、数年経った今、環境も変わってきているので、改めてこの件について書いておきたいと思います。


「実績を積む」「疲弊しない、納得の報酬を得る」ためには、執筆する媒体選び、クライアント選びが非常に重要だと感じるからです。
続きを読む

2016.12.28

2016年の「自分の棚卸」をしておこう!今年の10大ニュース&学びと気づき


気づけば、2016年も残すところあと3日!ここのところブログ更新からすこし遠ざかっていましたが、来年への弾みをつけるために、2016年の「自分的まとめ」をしておくことにします。


「書いて稼ぐ」「ブログ文章術を教える」月子の活動に興味を持って訪れてくださった方の参考になれば幸いです。続きを読む