dzqZZcEWoY_i_6b1364892433_1364893953.jpg

★ライティング力に磨きをかける!
「ブログ添削講座」★

⇒オンライン&マンツーマンで学べます♪

無料メルマガ「書いて稼ぐWebライティング」
読者募集中♪

⇒ご登録はこちらから♪

2016.02.28

「感動」をリアルに読者に伝えたいとき知っておくと良い「類語」一覧表


「感動したこと」「心が動いたこと」をブログのネタにすることは多いですよね。そのとき、どんな言葉で気持ちを描写しますか?


「感動した!」


小泉純一郎元首相のように、シンプルに言い放つのも悪くはありませんが、文章で書くのであれば、もう少し表現を工夫したいところ。


文章の場合、テレビのように表情や発話の勢いもプラスして「感動の度合い」を伝えることはできません。「表現そのもの」をきちんと使い分けて、「どんなふうに、どの程度感動したのか」を伝える必要があります。


その言葉のセレクトに、個性が現れるとも言えるのですね。


そこで、質問です。あなたは「感動」を表現する言葉をいくつ知っていますか?

続きを読む

2016.02.26

「ストレスで太った」と書いてはダメな理由。説得力のある文章と、ない文章の「差」はここにある!


説得力のある文章と、そうでない文章の「差」はどこから生まれるのか?


それを知るために、1つの問題を出します。

「ストレスで太った」
「太っているからモテない」


この2つの文章を読んだとき、何か違和感を持ちませんか?そうだとしたら、どこがおかしいのでしょう?


続きを読む前に、ちょっと考えてみて下さいね。シンキングタイム、スタート!
続きを読む

2016.02.23

ぶっちゃけ「ライターはいくら稼げるのか?」。1000万円売り上げるために必要なお金の話がわかる本


「ライターは忙しいわりに貧乏」


これが世間のイメージではないでしょうか?(え!?違う?)


にもかかわらず、在宅で仕事できる、特別な資格もいらない、初期投資もいらないため、サラリーマンの副業や子育て主婦に「書いて稼ぐ仕事」は魅力的に映るらしく、参入したいと考える人が増えているのを感じます。


インターネットの普及で、コンテンツ作成の需要が高まったため、「書く仕事」が増えているのも背景にあるでしょう。


クリエイティブで自分の特技や趣味を活かせるイメージがあるところも、人気の一因かもしれません。


「やりたい」気持ちは一番大切ですが、「仕事」として成立させていくためには、やっぱり気になるのが「どれくらい稼げるの?」という点です。

その疑問に、リアルに答えてくれる電子書籍がありましたのでご紹介しますね。こちらです。
16-02-23_001.jpg
⇒ライターはいくら稼げるのか?: ライター希望者、新人ライター必見!「書くこと」でもらえるお金のリアルな話

続きを読む

2016.02.21

ブログ記事は「量」か「質」か?両立は可能か?その疑問にお答えします


「ブログは毎日更新したほうがいいんですよね?」

「やっぱり1日2記事のほうがいいんですか?そうすると、記事の質を揃えるのが難しくて・・・」


ブログ記事をめぐる「量」(更新頻度)と「質」の問題は、多くの人の頭を悩ませるもの。よく出てくる質問の1つです。


この質問の答えは、当たり前ですが、


「毎日更新したほうが良いし、専業ブロガー(アフィリエイター)を目指すなら1日2記事質のいい記事を揃えたほうがいい」


に決まっています。たぶん、言っている人も、そんなことわかって言っているのですよね。


なのに、どうしてこういう質問をしてしまうのか?


その心理の奥に潜むものを直視しないと、ブログで成果を上げることは難しいかもしれません。


今日はちょっと辛口でいきます。

続きを読む

2016.02.15

個人事業主でも「扶養」に入れる人の条件★主婦の確定申告豆知識


ようやく、平成27年度の決算が確定し、確定申告書の作成が終了。明日には、商工会議所の相談員さんにチェックしてもらって、問題がなければ税務署に提出できます。


ライターにしろ、アフィリエイターにしろ、個人事業主として働くなら避けては通れない「確定申告」


「在宅でのお小遣い稼ぎ」と思って始めても、収入が増えれば納税の義務も当然発生します。


「税金というと、頑張って働いた分を国に持っていかれる(涙)」


なんて思う人もいるかもしれませんが、しっかり「稼ぐ力」を身につけて、税金を払えれる人になるなんて、立派なことではありませんか!(笑)


とはいえ、個人事業主ならではの「節税知識」も、しっかり知っておく必要はあります。とくに家計の収入アップのために働いている主婦の方なら、押さえておきたい点が2つあります。

続きを読む