dzqZZcEWoY_i_6b1364892433_1364893953.jpg

★ライティング力に磨きをかける!
「ブログ添削講座」★

⇒オンライン&マンツーマンで学べます♪

無料メルマガ「書いて稼ぐWebライティング」
読者募集中♪

⇒ご登録はこちらから♪

2016.09.27

ブログを差別化したい!「キャラ作り」「自分らしさ」について、どう考える?


「キャラ作りがうまくできてないと思います。悩みです」
「自分らしさってなんでしょう?」

現在開催中の「風花塾」の中で、塾生さんからそんな質問をいただきました。

ブログをブランディングしていく上での「キャラ作り」と「自分らしさ」の打ち出し方、気になるところですよね。

人気ブログには、必ず「その人らしさ」がどこかに強く現れているもの。どうやったら、あなたもそんなブログを書く事ができるか?

私の考えを、お伝えしますね。
続きを読む

2016.09.25

雑誌に「書評」の執筆依頼。ブログを通じて夢が叶いました♪


月子が執筆した書評が現在発売中の雑誌に掲載されています。
↓  ↓  ↓
16-09-24_002.jpg
『Mr.Babe Magazine(ミスターベイブマガジン)』


ポッチャリメンズのためのファッション・ライフスタイル誌で、巻末カルチャーのコラムとして、1ページ分の書評を書かせていただきました。

これ、当ブログを読んだ編集者さんより、ご依頼をいただいたのですよ。ブログの力って凄いですね(#^.^#)
続けていると、思わぬ出会いを引き寄せます。
続きを読む

2016.09.24

「見れる」「出れる」「食べれる」……「ら抜き言葉」になるときには、条件があった!?


「ら抜き言葉」初の多数派に


数日前の新聞を繰っていたら、目に飛び込んできた見出しです。文化庁の2015年度「国語に対する世論調査」で「ら抜き言葉」のうち「見れる」「出れる」と言う人の割合が、「見られる」「出られる」と言う人を上回ったとか。


あなたは、いかがですか?続きを読む

2016.09.22

9月14日朝日新聞夕刊「あるきだす言葉たち」に掲載されました


先週14日の朝日新聞の夕刊に作品が掲載されました。

俳人「瀬戸優理子」として、「あるきだす言葉たち」というコーナーに12句寄せています。(注:著作権の関係上、ボカシが入っています)
↓  ↓  ↓
KV4GOv6iOrrgWuB1474448910_1474448969.jpg続きを読む

2016.09.16

切り口を変えて記事を書くときのコツとは?より血の通った文章を書くために


同じテーマ、ネタで書いても、書く人によって出来上がってくる文章は違うのが普通です。

学校の作文で「運動会の思い出」を書いた時に、徒競走で一位になって嬉しかったことを書く子もいれば、綱引きでみんなで力を合わせて勝った嬉しさを書く子もいます。

同じ一位になったのでも、「毎日走って練習して本番でうまくいって良かった」という子もいれば、「家族の頑張れという応援が聞こえて力が出た」という子もいるでしょう。

これは「感性」の違いによって変わる「視点の置き方」の違いで生まれる結果です。この「視点の置き方」を、私たち大人がビジネスで文章を書く際には「切り口」と言っています。


作文は1回書いてしまえば終わりですが、継続してブログ記事を書いていくには、意図的に「切り口」を変えて書く意識を持つことが不可欠。


自分のブログテーマに沿って、あるいは読者に関心を持ってもらえるように、「ネタ(出来事、体験、ニュース)」の「切り口」を設定するにはどうしたらよいか?ちょっと考えてみましょう。
続きを読む