dzqZZcEWoY_i_6b1364892433_1364893953.jpg

無料メルマガ読者募集中♪
⇒ご登録はこちらから♪

2017.01.08

ブログ更新が途中で止まっても諦めない!再び浮上するための鍵はある


年明け連日更新したからなのか、年末年始を超えて世の中が動き出したからなのか、アクセスの反応が良いです。(連休に入り、少し落ち着きましたが)


メルマガも配信し、年末年始にも配布した無料レポートのダウンロードを促したら、数十名単位でダウンロードされました。


また、1年前に書いた「ある記事」が急激にアクセスを伸ばしているという現象も。


そんなこんなな「読者の反応」を見ながら、気づいた「ブログ運営に大切なこと」を3つほど書いておきます。










それは、

・自分で「ブログ」をコントロールする意識を持つ

・大事なことは繰り返し伝える

・1年に1度必ずアクセスを呼ぶ「トレンド記事」を仕込む



です。

1つずつ解説していきますね。


■自分で「ブログ」をコントロールする意識を持つ


ブログは頻繁な更新をするのがアクセスを呼ぶ近道。とはいえ、毎日は難しいという人もいるでしょうし、のっぴきならない事情でブログ更新が長期間途切れてしまう場合だってないとは言えません。事実、私もひと月以上、更新が空いてしまうことがあります。


でも、もし、そうであったとしても。


気持ちを切らさず、頭の片隅には常にブログのことを置いて、また更新ができる状況になったら、「しれっと」記事をアップしていけばいいのです(笑)


動かせば、また必ず反応が戻ってくるのがブログの面白いところ。ただし、更新できるときにテーマをはっきりさせ、キーワードを入れた、読者に喜ばれて役に立つ記事を書いて資産としておくことが絶対条件です。


そして、ブログ更新したら、ソーシャルメディアに更新情報を流したり、メルマガにリンクを貼って知らせたりしましょう。更新を楽しみ待っている方に「動き出した」ことを知ってもらうためです。


ブログの「運転者(運営者)」はあなた自身。偶発的な爆発を待つのではなく、自分で手綱を握ってコントロールして関わっていこうという意識を持つのが大事だと言えます。そのように、常日頃から「良い準備」を整えておくことが、望む成功や思いがけないチャンスを引き寄せる唯一にして最短の道と言えるでしょう。


■大事なことは繰り返し伝える


「一度書いたから読んでくれているだろう」と思うのは、大きな間違いです!


日々、たくさんの情報に触れている現代人の情報処理能力を考えれば、よほどの内容でないと印象には残らないですし、その人のタイミングによっては目に止まらずに流れていってしまう情報も数多くあります。

自分のブログやメルマガを「すみずみまで読まれている」と思わないほうが良いでしょう。(もちろん、そういう熱心な有難い読者さんもいますが…感謝★)


だからこそ、大事なこと、知ってほしいこと、伝えたいことは、切り口やタイミングを変えて何度も言うべきです。とくに、イベントや講座募集の告知やアフィリエイト商品の期間限定セールなどは、その最たるもの。


事実、年末年始のプレゼント企画としてメルマガで配信した無料レポートも、二度目の告知以後にダウンロードいただいた方がたくさんいます。無料ですらそうなのですから、講座の告知などは、参加を迷っている方の気持ちを後押しするためにも、しっかりご案内していくべきです。「売り込み」ばかりでは嫌われますが、普段読者のためになる情報を流している中での適切なタイミングでの「告知」は正々堂々と行って大丈夫です(#^.^#)


告知やセールスばかりではなく、普段の記事も同様です。「一度書いた話題は書かない」としていたら、ネタは早々に尽きてしまいます。


あなたが伝えたいメッセージというのは、極言すれば「1つ」、多くても「3つ」くらいに集約できてしまうはずです。それを伝えるための具体例を世の中から探したり、自分で体験を重ねたりして、記事に書いていくからこそ、メッセージが伝わっていくもの。

だから、何度でも同じことを言って構わないのです。ただし、「見せ方」「切り口」は変えて、ですよ!

そのやり方は、こちらの記事をご参照ください。

⇒切り口を変えて記事を書くときのコツとは?より血の通った文章を書くために

⇒ブロガーのための「ネタ帳」活用術★何をメモし、記事にどう活かすか?


■1年に1度必ずアクセスを呼ぶ「トレンド記事」を仕込む


「トレンドアフィリエイト」というジャンルがありますが、「トレンド(流行)」の話題、キーワードを仕込んで書いていくと、瞬発力をもってアクセスを集めることができると一時期人気を博しました。


ただ、そうしたキーワードはライバルが多いですし、効果が持続する時間も短いもの。常に最新の話題を追いかけ、素早く記事をアップしていかなければならないため、挫折する人も多いという短所があります。


それよりも、おすすめは同じトレンド系キーワードであっても、「毎年繰り返し必ずアクセスボリュームが増えることが見込めるキーワード」を狙うことです。


たとえば、この記事。書いたのは一昨年ですが、今年安定的なアクセスを運んできてくれました。⇒気をつけたい年賀状のタブー。「失礼な人」にならないために知っておくべき大人のマナーがある


定番の内容であっても、そこに自分なりの味付けや、その時々の時代背景を加味して書くことでオリジナルな記事が書けます。アクセスが来そうな時期の少し前に、過去記事を掘り起こして新着記事にリンクを張っておくなどするなどの工夫をしても良いでしょう。


そういう行動も加えると、さらにレバレッジを効かせながら「過去記事を資産化」することができるはずです。


話は少しそれますが、以前、出版社に勤めていたとき、「ロングセラーになるのは、田舎でも売れる(読者のいる)企画の本」というのが社長の口癖でした。それは、言うなれば「年賀状の書き方」のようなネタです。知っていると得する雑学、暮しを豊かに便利にするちょっとした知恵、人間関係のトラブル解決法等々…。


「大勢の人が興味・関心を抱くことが何なのか?」それを念頭に置きながら、ご自身のやりたいこと、伝えたいことを上手に文章化していけると良いですね。


以上、最近の自分の体験からの「学び」のシェアでした。皆様のブログにも幸あれ♪


★オンライン&マンツーマンで学べます!★⇒月子のブログ添削講座一覧

★モチベーションとスキルをアップできる無料メルマガ配信中⇒「書いて稼ぐwebライティング」のご登録&サンプル記事はこちらから

★お仕事のご依頼、ご質問、お問い合わせはこちらからお願いします⇒連絡フォームが開きます

記事がお役に立ったら、ポチで教えてね♪
↓  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ
にほんブログ村



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。