dzqZZcEWoY_i_6b1364892433_1364893953.jpg

無料メルマガ読者募集中♪
⇒ご登録はこちらから♪

2017.12.14

2020年度から電子申告で青色申告者は「控除額増」。今から進めておくと良い準備とは?


年末が近づいてくると、そろそろ気になってくるのが「確定申告」。個人事業主であるアフィリエイターやフリーランスのライターは避けて通れない年に1回の「苦行(笑)」であります。


外注してもいいのだけれど、私は今のところ自分でやっています。今は便利なソフトもあるので、慣れれば簡単にできますよ。⇒「確定申告」は自分でやる派?税理士さんに頼む派?私が自分で記帳・申告する理由


ところで、先日、青色申告者にとって見逃せないニュースが出ましたね。税金にかかわる「控除」の金額が変わるというものです。少しでも得をしたいなら、今から知って準備をしておいたほうが良いかもしれません。

報道された内容はこちらです。


政府・与党は2020年1月から、自営業者や個人事業主が紙ではなく電子申告を利用した場合に、控除の金額を10万円増やすと決めた。会社員にとっての給与所得控除にあたる「青色申告特別控除」を対象にする。



電子申告を促進させ、納税手続きを簡素化したいという狙いの措置でしょう。ただ、変更点はこれだけではないのが、ヤヤコシイところ。


今回の所得税改革では、給与所得控除を一律10万円引き下げるのに合わせ、青色申告特別控除が65万円から10万円減らされるが、電子申告すれば結果として控除額は変わらない。誰でも受けられる「基礎控除」は10万円引き上げられるため、所得税全体の差し引きでは税負担が減る。



というのもあります。


「10万円」という数があちこちに出てきますが、引き下げたり、引き上げたりと、ちょっとわかりにくいですね。まとめると、こういうことです。


青色申告特別控除額が現在の65万円から55万円へと10万円ダウン

しかし、e-Taxを使って電子申告すれば青色申告特別控除額が10万円アップ

個人事業主・自営業者向けの基礎控除が10万円アップ


つまり、

青色申告者が電子申告をすれば「75万円の控除」で、現行よりも10万円控除額が増える

青色申告者が電子申告をしないのならば「65万円の控除」現行と変わらず



ということです。経費を差し引いて年間100万円以上の収入がある場合は、電子申告したほうが節税になるという感じでしょうか。


ただ、「10万円控除が増えるなら電子化しよう♪」と思う人たちばかりでサクサク進むかどうかは、わかりません。


なぜなら、2004年にe-Taxが運営開始となったにも関わらず、いまだに納税者の半数近くが電子申告をしていない現状があるからです。その理由は、電子申告へのハードルが、やや高いから。


ハードルの高さは「難易度」というよりも「面倒臭さ」のほうだと思いますが(^_^;)


電子申告するまの事前の流れは国税庁のHPで解説されていますが、購入したり役所に行って準備するものや、オンラインで行う事前の手続き等がいくつもあります。⇒e-Taxを利用する場合の事前手続の流れ


時間のない人、パソコン操作が苦手な人は、ココを読んだだけで敬遠してしまいそうですよね。


ただ、一度手続きをして設定をしてしまえば、郵送や税務署に出向く手間を省けますし、これまで添付を義務付けられていた書類のいくつかも提出を省略することができるようで、メリットもあります。


いずれにしても、記帳を「弥生会計」などのソフトでしているなら、e-Taxですべての流れを電子化したほうがスムーズかもしれません。「弥生会計」は会計初心者でも、適切な位置に入力するだけで、簡単に申告書類まで作成することができます。


数字大嫌いな月子も、数年前から始めて、今では手放せないソフトに♪




所得税改革の施行までは、あと2年猶予がありますが、それまでに情報とスキルをアップして準備を進めておきたいですね。まずは、青色申告の基礎知識から、どうぞ。⇒青色申告は難しくない!主婦アフィリエイター&SOHOライターが賢く節税する方法



★ライティングスキル&モチベーションアップに役立つ情報を配信中⇒「書いて稼ぐwebライティング」のご登録&サンプル記事はこちらから

★「好き」や「得意」を生かして、情報発信&教える仕事につなげたいなら、ブログで集客が第一歩⇒オンライン&マンツーマンで学べます!月子のブログ添削講座一覧


★月子お仕事のご依頼、ご質問、お問い合わせはこちらからお願いします⇒連絡フォームが開きます

記事がお役に立ったら、ポチで教えてね♪
↓  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。