dzqZZcEWoY_i_6b1364892433_1364893953.jpg

無料メルマガ読者募集中♪
⇒ご登録はこちらから♪

2018.02.02

「色」の入った慣用句20選。生き生きとした文章に推敲する小ワザ。


語彙が少なく、似たような表現の繰り返しになると、文章が平板に感じられてしまいます。かと言って、難しい言葉をたくさん使えばいいというものでもありません。


小学生にでもわかる言葉で、文章に彩りを与える1つの方法としてオススメしたいのが、文字通り「色」を使った慣用的な言い回しです。「色」を使った文章は、読んだときに頭の中で映像化されやすいので、読者にも鮮明な印象を残しやすいでしょう。文章のメリハリも出ます。


そこで、「これを覚えておくと使える!」という色を使った慣用的な言い回しをご紹介していきますね。



単に紹介するのでは、面白くないので、クイズ形式にしてみました( ̄ー ̄)ニヤリ


次の□に当てはまる「色」は何でしょう?

1 未来について□写真を描く

2 この国の□□時代を築いた王について書かれた本だ。

3 問い詰められても、断じて□を切ると決めた。

4 先生は□筋をたてて怒っていた。

5 突然のことに、彼女は目を□□させていた。

6 あんな□二才に、この仕事は任せられない。

7 「調子はどうだ?」と聞いたら、ニヤリと□い歯を見せた。

8 □幕は、あの政治家だったと噂されている。

9 雪が降り積もり、あたり一面□世界になった。

10 このクラスの□一点の彼女が、成績一番だ。

11 難しい取引先の交渉役として彼に□羽の矢がたった。

12 あの人とは□の他人です。

13 コンサート会場は□色い声に包まれた。

14 人に罪をなすりつけて、あいつは腹□い奴だ。
 
15 計画を□紙に戻す。

16 □子の手をひねるような、簡単な試験だった。

17 大勢の前で失敗し、□恥をかいてしまった。

18 まだ入社3ヶ月、くちばしが□色いよ。

19 この小説の□眉は、冒頭のこの場面だ。

20 気になる人を目の前にして頬を□らめる。



以上です。いかがですか?難しいものはほとんどないので、9割は答えられたかと思います(デスヨネ!?)。


では、答え合わせです。


1 青(青写真)

2 黄金(黄金時代)

3 白(白<しら>を切る)

4 青(青筋を立てる)

5 白黒(目を白黒させる)

6 青(青二才)

7 白(白い歯を見せる)

8 黒(黒幕)

9 銀(銀世界)

10 紅(紅一点)

11 白 (白羽の矢を立てる)

12 赤(赤の他人)

13 黄(黄色い声)

14 黒(腹黒い)

15 白(白紙に戻す)

16 赤(赤子の手をひねる)

17 赤(赤恥)

18 黄(くちばしが黄色い)

19 白(白眉)

20 赤(頬を赤らめる)


「色を使った慣用的な言い回し」と言っても、これらはほんの一部です。気づいたら、ご自身でも集めてみてくださいね。


どこかで聞いたことがある、目にしたことがある表現であっても、実際に自分が書くときに「使いこなせるか」どうかは、また別次元の話。「この表現、ほかの言葉で言い換えたらどうなるかな?」「こんなふうにも言える」ということを意識しながら、読んで目に浮かびやすい、臨場感が伝わる文章を目指していってくださいね(^_-)-☆


⇒9通のメールで学ぶ『伝わるブログライティング講座〜自分の言葉の磨き方』受講生募集中(2月27日まで)








★ライティングスキル&モチベーションアップに役立つ情報を配信中⇒メルマガご登録&サンプル記事はこちらから


★月子お仕事のご依頼、ご質問、お問い合わせはこちらからお願いします⇒連絡フォームが開きます


記事がお役に立ったら、ポチで教えてね♪
↓  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ
にほんブログ村


ありがとうございました。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。