dzqZZcEWoY_i_6b1364892433_1364893953.jpg

無料メルマガ読者募集中♪
⇒ご登録はこちらから♪

2016.09.16

切り口を変えて記事を書くときのコツとは?より血の通った文章を書くために


同じテーマ、ネタで書いても、書く人によって出来上がってくる文章は違うのが普通です。

学校の作文で「運動会の思い出」を書いた時に、徒競走で一位になって嬉しかったことを書く子もいれば、綱引きでみんなで力を合わせて勝った嬉しさを書く子もいます。

同じ一位になったのでも、「毎日走って練習して本番でうまくいって良かった」という子もいれば、「家族の頑張れという応援が聞こえて力が出た」という子もいるでしょう。

これは「感性」の違いによって変わる「視点の置き方」の違いで生まれる結果です。この「視点の置き方」を、私たち大人がビジネスで文章を書く際には「切り口」と言っています。


作文は1回書いてしまえば終わりですが、継続してブログ記事を書いていくには、意図的に「切り口」を変えて書く意識を持つことが不可欠。


自分のブログテーマに沿って、あるいは読者に関心を持ってもらえるように、「ネタ(出来事、体験、ニュース)」の「切り口」を設定するにはどうしたらよいか?ちょっと考えてみましょう。
続きを読む

2016.09.12

「ブログ文章を長く書けない」お悩み解消法。この3つの方法で、質を落とさず情報量を増やそう!


「ブログ1記事って、どれくらいの文字数を書けばいいの?」

という疑問は、初心者のとき一度は抱くものです。

ブログでは「1記事1000文字以上」を推奨するのが定説です。検索エンジンに評価されるためには、キーワード出現率が肝になってきますから、それをクリアするには、少なくても1000文字は必要だろうという観点からです。

読者が読んでその世界に浸ったり、説得されたり、満足感を覚えたりするような「充実した記事」となるためにも、最低1000文字〜1200文字は必要かなというのが、私の体感でもあります。(動画や写真や言映像で魅せる類のブログは別ですが)


しかし、まだブログを始めたばかりの書き慣れていらっしゃらない方にとっては、1000文字というのは、果てしない文字数に思えることもあるでしょう。


そこで、「記事を長く書く」「ネタを膨らませる」ための方法を3つほどご紹介しますね。

続きを読む

2016.06.25

3つの机を使い分けて「創造力」をアップする仕事術。書くことが、もっとはかどる!


創作・クリエイティブな作業のためには、3つの「机」を使い分けると良い。


最近、そう気づきました。


無意識に実践していたことなのですが、ライティングの質とスピードを上げる1つのヒントになるかもしれないので、お伝えしますね。
続きを読む

2016.06.10

「つぶやき日記」が「お役立ち発信」に変わるブログ記事・SNS投稿の書き方のコツ


毎日毎日、「お役立ち記事」は書けない!


自分の人柄や飾らない日常を知ってもらって、読者から親近感を抱いてもらえる記事を書きたいけれど、単なる日記記事になってしまう…


そんなお悩み、ありませんか?


たしかに、毎日毎日がっつりとスキのない構成で「お役立ち記事」を書くのは疲れます。また、いろいろな執筆パターンを持っている方が、自分自身も飽きずに続けられるというメリットがあります。


読者にしても、管理人の日常が記された記事からは、自分との「共通項」を見つけやすいもの。肩の力が抜けた記事には、あなたをより好きになってもらったり、ファンになってもらう「きっかけ」を詰め込むことができるのです。


とはいえ、「ラーメン食べました。おいしかった」と写真を貼るだけの記事では、あまりブログにアップする意味はありません。読者だって、「ふーん」「良かったね」で通り過ぎるしかなく、何の印象も残らないでしょう。


こうした記事を書くときには、ちょっとしたコツが必要なんですね。


それは何か?

続きを読む

2016.01.17

3つのプロセスで劇的に上達する!あなたらしさを活かしながら「字」も「文章」も魅力的に変わる学び方


昨年、ちょっと刺激的な体験をしました。「学ぶ」ということの「本質」がわかる体験です。

こちらの写真をご覧下さい。
↓  ↓  ↓
12141757_444026662465951_809156606529197243_n.jpg

昨年ですが、ずっと習いたいと思っていた「伝筆(つてふで)」を習いに行ったときのものです。伝筆は筆ペンで書く、気持ちの伝わるあったかい文字のこと。いわゆるペン習字とは異なるもので、上手に書くのとは全く違う「気持ちを伝える書き方のコツ」があります。


左側@⇒右側A⇒真ん中Bの順に書きました。


字が変化しているのが、わかりますよね。さて、このプロセスで何が起こったのでしょうか?
続きを読む