dzqZZcEWoY_i_6b1364892433_1364893953.jpg

無料メルマガ読者募集中♪
⇒ご登録はこちらから♪

2018.02.02

「色」の入った慣用句20選。生き生きとした文章に推敲する小ワザ。


語彙が少なく、似たような表現の繰り返しになると、文章が平板に感じられてしまいます。かと言って、難しい言葉をたくさん使えばいいというものでもありません。


小学生にでもわかる言葉で、文章に彩りを与える1つの方法としてオススメしたいのが、文字通り「色」を使った慣用的な言い回しです。「色」を使った文章は、読んだときに頭の中で映像化されやすいので、読者にも鮮明な印象を残しやすいでしょう。文章のメリハリも出ます。


そこで、「これを覚えておくと使える!」という色を使った慣用的な言い回しをご紹介していきますね。

続きを読む

2018.02.01

9通のメールで学ぶ『伝わるブログライティング講座〜自分の言葉の磨き方』募集開始です!


昨年、一昨年と好評を博した、あの通信講座が再び登場♪


「伝わるブログライティング講座〜自分の言葉の磨き方」(第一回目は「書いて稼ぐライティングセンス養成講座」のタイトルで同内容を開催)。


DLmarketで購入【伝わるブログライティング講座〜自分の言葉の磨き方】


9通のメールでお送りする「テキスト+ワーク」で、あなたの奥深くに眠っている「ライティング脳」をやさしく揺り起こし、目覚めさせていきます。


「文章を書こうと思っても、なかなか言葉が出てこない」

「いつも同じような表現になってしまう」

「どう伝えれば、読者に響くかわからない」



そんなあなたに手にして欲しい、「言葉」が豊かになるライティング力向上メソッドです。


詳細をご紹介していきますね。

続きを読む

2018.01.29

「キーワード攻略」に必要なスキルとは?ツールに頼る人が見落としていること


成功するための「最短距離」を教えてくれるのがノウハウ。

ノウハウの実践を「効率的」にしてくれるのがツールです。


キーワード選定、記事テンプレ、サイト作成…便利なツールが、たくさんありますよね。


「少しでも早く、短い作業時間で稼げるようになりたい!」



これが、本業や育児・家事に忙しかったり、また待ったなしのお財布事情の方の本音です。いえ、あなただけではありません。私だってそう。人間誰しも「怠けたい」「楽したい」のが本音ですから。


でも。


それでも、あえて、こう言ってしまいます。


「効率」ばかりを追いかけると、大切なものが手の指の隙間からポロポロとこぼれ落ちて、結局何も掴めないということになりかねない。これが現実です。

では、どうすればいいのでしょうか?



続きを読む

2018.01.26

読まれるブログに変身!初心者でも今すぐできる5つの工夫


自分だけの覚書や日記ではなく「不特定多数が読む前提の文章」を書くブログ。慣れないと、読者を意識しすぎて肩に力が入ってしまうのは当然とも言えます。


でも、ちょっと待って!


「読者を意識して書く」というと、書く中身や話の展開を気にする人が多いですが、実は、それ以前にもっと気を配って欲しいことがあります。


それは何かというと……


「見た目」


です。
続きを読む

2018.01.25

上手な「断り方」「NOの使え方」実例集。相手に悪印象を残さず、角の立たない表現とは?


人から何か頼まれたり誘われたりしたとき、都合が悪くて、あるいは気分が乗らなくて、断らなければならない場面で、あなたは上手に「NO」を言えていますか?


基本的には、「誘いには乗ってみよ」「頼まれごとには応えたい」と思う私。ですが、時間は有限です。今より子供が小さい頃は自由がききにくかったですし、40代になった今は体力的にも無理はしないと決めているので、断らなければいけない場面も出てきます。


なかなか言いづらく、ストレートに伝えると角も立ちやすい「N0」の意志。だからこそ、やんわりと相手を傷つけない言い方をマスターしたいもの。


そこで、相手に柔らかな印象を与えてキツく思われない「断りの表現」をまとめてみました。


続きを読む

2018.01.24

ブログで自己発信のススメ。「好き」を仕事にするか、できるかどうかが見えてくる!


「好きを仕事にする」


キラキラした言葉ですよね。


自分の好きなこと、興味の持てること、得意なことで、


「お金を稼ぐ」「報酬を得る」「生活できる」


というのは幸せなことだと思います。


逆に言えば、それだけ世の中は「好き」を仕事にできていない人が多いのかもしれません。あるいは、「好き」がわからず、とりあえず就職しなきゃと就いた仕事で、不満や居心地の悪さを抱えて辛い思いをしている人もいるでしょう。


だからこそ、好きなことを書いて報酬を得られるブログビジネスに興味を持たれる方が後を絶たないのでしょう。


ただ…


あなたの期待に水を差すわけではありませんが、「好きなことで稼ぐ」のは、決してキラキラした楽しいことばかりではない、というのが現実です。

続きを読む

2018.01.23

才能アリの一句が詠めるかも!?北海道立文学館の事業で、俳句入門の「出前講座」承ります。


芸能人が、才能を査定されるテレビ番組『プレバト!』。その中でも、人気のコーナーが毒舌先生こと夏井いつき先生が添削をする俳句のコーナーです。


17文字で表現する世界最小の「詩型」である俳句。誰でも気軽にチャレンジして、言葉のパズルのように遊び感覚で楽しめるのが魅力です。もちろん、季節を愛で、その中で生きる「自分ならではの表現」を真面目に模索することも可能。


何を隠そう(?)私も、俳人の端くれであり、いくつかの賞もいただいております。そんなことから、このたびご縁をいただき、平成30年度、北海道立文学館が実施する「文学館出前講座」の俳句部門の講師登録をいたしました。


講座名は、



「やさしい俳句入門〜17文字で『今』を詠む実作教室」
 
俳句のエッセンスをお伝えし、その場で一句詠んで、鑑賞し合うような講座をイメージしています。(※ご希望により、対象者さまの年齢・属性により、内容についてのご相談可)

北海道内の市町村教育委員会や社会教育・文化団体さま、小中高等学校、特別支援学校さまなどからご依頼いただき、文学館の費用負担で派遣されるという制度とのこと。

 
平成30年度分の事業(実施期間は11月まで)は、3月2日締切で大募集中です♪

  
もし呼んでいただければ、精一杯愉しい講座にしますので、よろしければご検討いただければ嬉しいです。詳細は文学館HPにて。⇒北海道立文学館HP「出前講座」のページ(俳句作家・瀬戸優理子が私です)


なお、こちらのブログでは「学生向けの作文教育」の記事も人気です。我が子の「実例」を元に、元編集者・ライターの視点から、「書く力の伸ばし方」を伝授しています。


⇒作文タイトルの上手な付け方。思わず読んでみたくなるタイトルは、どうやって考える?


⇒魅力的な記事タイトルの付け方〜「良い見本」と「悪い見本」


⇒間違いだらけの「作文教育」〜だから大人になっても書けないのです!


⇒アウトプットのための読書術〜レビューや感想を書く時のポイント3つ



今後は、小中学生向けの「作文講座」「壁新聞ワークショップ」も出来たらいいなと考えております。もし、ご興味のある方は、下記連絡フォームよりお問い合わせ・ご相談くださいませ。よろしくお願いいたします。


★月子お仕事のご依頼、ご質問、お問い合わせはこちらからお願いします⇒連絡フォームが開きます

記事がお役に立ったら、ポチで教えてね♪
↓  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ
にほんブログ村

ありがとうございました。